塾の送迎は必要か

受験

私は、受験期、両親に塾の送迎をお願いしていました。
なぜなら、勉強時間を少しでも多く確保したかったからです。

現在、塾に通っている受験生をもつ親御さんで、塾の送迎をしている人は多いのではないでしょうか。

親御さん的には、おそらく、「頑張っているから送迎してあげよう」、「夜遅く一人で帰らせるには危ないから迎えにいってあげよう」など子供を思って、そうしていると思います。

塾の送迎は意味のあるものか。

別に、送迎をすることは悪いことではないです。

しかし、受験期は、基本的に椅子に座って勉強しています。
そして、その状態が少なくとも約1~2年は続きます。

それにも関わらず、唯一体を動かすことのできる塾の行き帰りも、車で送り迎えしてもらう。

私はとてももったいない気がします。

塾の行き帰りは、実はとても有意義な時間であると思うのです。

必要のない計算

上記で、勉強時間確保のために送迎をお願いしていたと述べましたが、
私は、車での移動と電車や徒歩での移動でどれだけ移動時間が変わるのかを計算していました。

例えばこんな感じです。

車での移動の場合 家から塾まで20分

電車+徒歩での移動の場合 家から塾まで40分 

これだと毎日20分の差が生まれる。(往復だと2倍も変わります。)

これを一週間続けると、20分×7日だから、140分で、これを1か月、1年にして計算するとこんなにも差が生まれてしまう。

「まだまだ勉強時間確保できるじゃん」と考えていました。

しかし、確かに勉強時間を確保できることはいいですが、

これは間違った考え方であると思います。(これをしていた理由はこちら)

これに気付いて以来は、改善することに決めました。

(本当に疲れたときはお願いしていましたが、)

基本的には、自転車や徒歩で行ったりすることにしました。

なぜなら、、、

  • 軽いウオーキングでも、気分転換になる。また、脳を活性化することもできる。

意外とずっと机に向かっていると気持ちも体も鈍ってきます。
しかし、少し動くだけで気持ちが前向きになります。

  • 毎日の塾の行き帰りが、自分と向き合う時間になる。

勉強ばかりしていると、自分を振り返る時間が自然と取れなくなる。
しかし、歩いていると自然に振り返ることができる。
また、自分と向き合うことに加え、勉強内容を振り返ることにもなる。
(意外とアウトプットは難しいので、頭を整理することができる。)

これに加え、大学受験二年目からは、週に一度ヨガを始めました。

やはり、受験期は勉強すればいいだけではありません。

心身の健康があってからこそ、自分の本来の実力を発揮できるのです。

大学受験で浪人している人などは、他の受験生よりも時間があるため、
サボりととらえるのではなく、さらに自分の能力を発揮できるための有意義な時間であると考え、
なにか運動することをお勧めします。

まとめ

受験生にとって塾の行き帰りは、

今日の自分を見直す機会

運動不足解消+ストレス解消

最後に、毎日の塾の送迎は、意外と親御さんにとって負担の大きいものだと思います。

したがって、送迎をお願いされても、たまには嘘をついてみたらどうでしょうか。
子供はリフレッシュをすることができ、親御さんは負担を少しは軽減できるかもしれません、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました