不合格体験記

受験

私は、現在別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)に通っている4回生のコトネです。

この大学には、2022年4月に3年次編入試験で合格し、現在在学中です

しかし、この大学に入るまでとても長い道のりでした。
私の受験生活の始まりは中学受験です。そこから、高校受験・大学受験・編入学受験と私の学生生活は受験で構成されているといっても過言でないほど経験してきました。

しかし、どの受験でも自分が望む結果を勝ち取ることができたことは一度もありません

大学受験二度目の不合格で人生のどん底へ

人生の転換期ともいえる時期は、大学受験2度目の不合格です。

1年目の大学受験で不合格になり、浪人をすることになりました。
浪人時代は現役時代よりもさらに勉強に打ち込み、もうこれ以上できることはないというくらい必死に1年間勉強しました。

しかし、結果はすべて不合格。人生のどん底に落ちました。

正直、不合格になった意味が分かりませんでした。
滑り止めでさえも合格を勝ち取ることができませんでした。
なぜ自分だけ1つの合格さえも勝ち取ることができないのか、私の何がだめなのか自暴自棄になりました。

しかし、全ての合格発表が終わったのは2月下旬であるため、4月までの1か月間でこれからの進路をどうするのか決めなければならない。

また、私の周りは、3月にある試験を受験することを進めてきたり、二浪することを進めてきたりし、私の意思とは反するものの、今の私にはそれしか選択肢がなくそれを素直に受け入れるしかないのかとも思っていました。

しかし、私自身、できることはすべてやり、結果に満足いかないものの受験生活には満足していたので、浪人2年目を迎えることは考えられませんでした。

その時、留学や資格取得などのほかの道はないかと必死に探し、そんな中、編入学試験というものを見つけました。

専門学校入学後、編入学試験で無事合格。

両親に必死にお願いし、大学編入専攻のある専門学校に入学させてもらいました。

正直、その当時の私は専門学校に通っているということ(全く悪くないことですが)を認めたくなかったのが事実です。

しかし、自分が決めた道ということ・受験へのリベンジ・もう後がないということだけを頼みに、その学校で二年間必死に経済学・経営学を学び、編入学試験を受けました。

その2年間は、編入後の単位換算のための単位取得、TOEICや英検などの資格取得、そして編入学試験の試験対策に励みました。

そして、現在通っているAPUに無事合格することができました。
(東北大学の経済学部に行きたく経済学を必死に勉強しましたが、そこは不合格でした。また編入試験に関する話もしていきたいと思います。)

受験相談サイト運営へ。

大学生活を送っている中で、何か受験に対してできることはないかと考え続けていました。

それは、受験生活の期間、死ぬほどつらかったからです。

だからこそ、私と同じような境遇にいる人たちの力に少しでもなりたいと思いました。

そして、受験生活辛かったのは私だけではありません
家族もとてつもない不安に駆られていることを身にしみて感じていました。

家族の不安を解消させたくても合格を勝ち取れない。
また、受験期間は自分に対しても、とても不安であるため、家族に対して強く当たってしまったりひどいことを言ってしまったりなどしました。

しかし、この経験をしている私だからこそ、子供の受験で不安になっている親御さんたちを助けたいと思っています。

このサイトを見て、少しでも心が落ち着き、子供をサポートしようという前向きな気持ちになってもらえるよう、最大限、自分の持っている経験や知識をシェアしていきたいと思います。

そして、最終的に受験生の親御さん同士が悩みを相談できる交流できる場にこのサイトをしていきたいと考えています。

コトネ

タイトルとURLをコピーしました